Rootstock会社沿革

RootstockSoftware®は、Salesforce クラウドプラットフォームにおけるクラウド ERPの世界的プロバイダーです。

Salesforce CRMとの組み合わせたRootstock クラウド ERPは、製造、流通、およびサプライチェーンの組織に、ビジネスの成長と管理のための単一のプラットフォームを提供します。 Rootstock クラウド ERPは、柔軟かつ最新のデジタル接続システムであり、よりパーソナライズされた顧客体験を生み出せる企業へと変容させ、運用の効率的拡大、競合他社に大きく差をつけたサービスを実現します。

RootstockSoftware®は2008年に発売され、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の顧客にサービスを提供するように成長し、ビジネスアプリの世界で最も人気のある市場であるSalesforce AppExchangeを介してSalesforceプラットフォーム(Force.com)でのみ利用できます。 小規模な成長志向の企業、中規模の組織、複数のサイトと数千のユーザーを持つ大企業を含む幅広い企業規模に対応しています。

メーカー向けRootstock クラウド ERPは、次のような多くの製造モードの条件に対応しています:

  • 受注生産 ERP
  • 見込み生産ERP
  • 個別受注生産ERP
  • 注文仕様生産ERP
  • プロジェクトベースERP
  • ハイブリッドERP(上記の組み合わせ)

ディストリビューター向けRootstock クラウド ERPは、次の条件に対応しています:

  • 在庫出荷管理
  • 構成/キットから注文
  • 事前作成キット
  • 特別注文

Rootstock クラウド ERPソリューションにより、製造、流通、およびサプライチェーンの運用を、いつでもどこでも、フロントからバックまでリアルタイムで管理できます。 製造業者と販売業者は、単一のシステムを使用して、複数のサイトと外部委託サービスを処理し、グローバルな運用全体にわたって一元化された可視性を獲得できます。 各企業は製造、流通、サプライチェーンプロセスの各ステップで今現在起きていること、またこれから起きることについての洞察を得ることが可能になるのです。

Rootstockのソフトウェアには、構成のしやすさ、スケーラビリティ、および適応しやすい性質があるため、企業が柔軟にあらゆるワークフローに対応すること、ソーシャルコラボレーションを実装すること、また必要な新機能を追加することや、変化する要件に迅速に対応することができるになります。 同社の製造、流通、およびサプライチェーンアプリはそのままで、salesforce.com(セールスクラウド)、FinancialForce、Intacct、Avalara、ZenKraftのネイティブ販売および会計アプリと統合されています。

経験豊富なチームと、クラウド ERPの実装に成功した顧客の確立した基盤を備えたRootstockは、顧客が製造、流通、サプライチェーンのオペレーション全体をデジタル変換し、成長、利益、よりパーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを実現できるようにします。