生産管理ソフトウェア

生産管理ソフトウェアを使用することで、効率、生産性、アジリティが向上します。

合理化された作業指示、スケジューリング、製造現場管理から、ドラッグアンドドロップによる能力計画、統合プロジェクト管理まで、Rootstockは生産プロセス全体を自動化します。

  • 作業指示とスケジューリングを一緒に使用し、購入したアイテムが必要となる時期と必要な部品が入手可能となる時期を把握します。
  • 直観的なドラッグアンドドロップスケジューラを使用して、生産と材料供給のバランスが簡単に調整することができます。
  • 緊密に統合されたプロジェクト管理を使用して、プロジェクトごとに計画、追跡、原価計算を行います。

作業指示管理

生産管理ソフトウェアを使用して、すべての作業指示情報と作業を管理します。

  • リリース、材料の選択、予約、数量記録、受領、バックフラッシュ、原価計算など、作業指示プロセス全体を合理化します。
  • 構成部品在庫を使用する代わりに、供給構成部品在庫を使用する分解作業指示書を作成します。
  • MRPによって生成された確定作業指示書。

スケジューリングおよび能力計画

ドラッグアンドドロップのスケジューリングおよび能力計画を活用すれば、マウスをクリックするだけで不足と過負荷を即座に特定し、修正することができます。

  • 単一の読みやすいグラフィック表示で、労働時間またはマシン時間ごとに日々の作業センターの生産能力を表示します。
  • 当社の生産管理ソフトウェアを使用して、確定、リリース、進行中のすべての作業指示のスケジュールを作成し、管理することができます。
  • 作業指示オペレーションをある日から別の日にドラッグして、負荷を平準化することができます。

製造現場管理

サプライヤーと工場での生産と材料の流れを合理化します。

  • 作業指示ライフサイクル全体を管理します。
  • 計画どおりのルーティングの詳細をキャプチャする強力なルーティングのマスターを作成します。
  • 部品表(BOM)を展開して、個々のコンポーネントや部品に分類された最上位レベルのアセンブリを表示します。

「Rootstockを選んだ理由の1つは、ERPが複雑な製造を非常にうまく処理できるからです。」

– John Swiatkowski、The Pacer Group社 代表取締役

混合生産モード

当社の生産管理ソフトウェアを使用すれば、生産モードを組み合わせて、お客様のあらゆるニーズを満たすことができます。

  • 個別受注生産
  • 注文仕様生産
  • 受注生産
  • 需要予測生産

プロジェクト製造

部門、プロジェクト、またはプロジェクトのグループごとに計画、コスト、追跡を行います。

  • 部門ごとに材料の購入、製造、在庫を管理・計画し、プロジェクトごとに在庫とコストを特定します。
  • Rootstockの生産管理ソフトウェアは、プロジェクトのマイルストーンを追跡し、すべての労働および資材取引の監査証跡を表示することができます。
  • プロジェクトの構築時と設計時のBOMを視覚的に比較します。
  • ConfiguroおよびSalesforceプラットフォーム上の他のプロジェクト管理ソフトウェアとシームレスに統合します。

ディスアセンブル

「ディスアセンブル」作業指示書を作成して、完成した部品またはサブアセンブリを回収し、在庫に戻します。

品質管理

サプライチェーン全体で品質を管理し、規制基準へのコンプライアンスを維持します。

  • デバイスの履歴全体を表示し、完全なトレーサビリティを確認します。
  • 簡略化されたロットおよびシリアル追跡を含む、正確で徹底的な監査証跡を維持します。
  • ComplianceQuest EQMSおよびSalesforceプラットフォーム上のその他のコンプライアンスアプリとシームレスに統合します。

当社の製品

当社の完全に統合されたシステムは、
フロントオフィスからバックオフィスまで、企業全体を管理するために必要なツールを提供します。