Salesforce Field Service

世界クラスのERPでフィールドサービスチームをサポートする

Salesforceを使用したフィールドサービス管理

今日、多くのメーカーは、フィールドサービス業務を独立したビジネスユニットとして管理し、独自の損益を計上したいと考えています。また、少なくともこれらの業務に関連する収益とコストをより厳密に管理することを望んでいます。 フィールドサービス部門には、収益性、管理効率、カスタマーサービスを向上させるために必要なツールとデータを提供する必要があります。 そこで、Salesforce Field ServiceとRootstockクラウド ERPが活躍します。

Salesforce Field Serviceは、フィールドサービスチームが生産性と収益性を高めるために必要なツールを提供する、柔軟なソリューションです。 Salesforce Field ServiceのAIを活用したスケジューリング、リソースの最適化、ガイド付き安全プロトコル、フィールドサービス在庫などから始めましょう。 次に、Salesforce Platform上に構築されたRootstockクラウド ERPのパワーを活用するために、Rootstock ERPコネクタを使用して、ワンクリックで請求書を発行し、詳細な原価計算を行うことで、フィールドサービスの財務管理を改善します。

Salesforce Field Serviceのメリット

Salesforce Field Serviceは次の方法で企業を支援します。

  • サービスコールをより速く解決します。
  • スケジューリングを自動化し、職員、運行管理者、技術者を管理します。
  • フィールドサービスの従業員の生産性を向上させます。
  • すべてのフィールドサービス操作をリアルタイムで可視化します。
  • すべてのステップで顧客に更新情報を提供します。

ERPをSalesforce Field Serviceに接続する

Salesforce Field Serviceは、請求書の発行について企業のEnterprise Resource Planningシステムと統合します。 ここでRootstockの出番です。

Salesforce Field Service向けRootstockのERP Connectorにより、製造業のフィールドサービス業務において、業務の可視化と財務管理の強化を実現します。 Rootstock ERPコネクタは、請求書の作成などの管理機能を効率化すると同時に、請求書の発行精度を高め、顧客満足度を向上させることができます。

RootstockのERPコネクタは、次の主要な機能を提供します。

  • 作業指示書からワンクリックで請求書を作成します。 企業はマウスをクリックするだけで作業指示書から請求書を作成できるため、請求プロセス全体をはるかに高速化させることができます。 さらにメーカーは、キャッシュフローと回収を改善するために必要な情報を総合的に入手することができます。
  • コストの360度ビューを活用して、財務結果を向上させます。 Rootstock ERPコネクタは、修理・交換用の部品や人件費を請求書レベルで追跡するのに役立ちます。 フィールドサービスマネージャーは、請求書、作業指示書、顧客ごとに粗利益率を監視することができます。
  • 柔軟な価格設定オプションから選択できます。 フィールドサービスの料金を請求する場合、マネージャーはRootstockのクラウド ERPから価格設定オプションを選択できます。
  • 保証情報を表示します。 フィールドサービスの請求書には、請求書自体に記載されているものが保証範囲内であるかどうかも記載されます。

コストの可視性が高まり、価格設定オプションが増えることで、フィールドサービス業務の収益と収益性が向上に貢献します。

Salesforce Field Serviceの請求

プロフィットセンターになるために、フィールドサービス業務は2つの障害を克服する必要があります。 請求書の手動作成と収益性に関する知見のなさです。

これまでもフィールドサービスでは作業指示書を作成・管理することができましたが、企業のERPから切り離されていたため、管理者のミスやプロセスの遅延、顧客満足度に対して問題が発生しやすい手動プロセスが多くを占めていました。 また、フィールドサービスの請求書作成も手作業では時間がかかります。 顧客は度々請求書の支払いを忘れるため、現金収入に大きな遅れが生じることがよくあります。

さらに重要なことは、フィールドサービスは特定のサービスコールのマージンを確認できないため、そのコールで実際に利益を上げているかどうかがわからないということです。

Salesforce Field Serviceの在庫管理

収益性が高く効率的なフィールドサービスには在庫管理も重要です。 多くの組織では、フィールドサービスは、必要な情報に常にアクセスできるとは限らないため、修理に必要な材料などの在庫に関する情報を要求する必要があります。

さらに、多くのフィールドサービスチームは、手作業で改修や再製造を処理しようとしたり、企業のERPシステムでこれらの機能の新しいプロセスを作成するために時間と労力を費やしたりしています。

Salesforce Field Serviceは、組織がこのような障害を乗り越え、フィールドサービスの在庫管理プロセスをより効率的に管理できるようにします。

  • 適切なタイミングで適切な部品を入手しましょう。 Salesforce Field Serviceには、サードパーティのシステムに頼る必要のない、強力な在庫管理システムが搭載されています。 企業のERPシステムとの統合も可能です。
  • 在庫を完全に可視化できます。 すべてのロケーションにおける在庫を可視化して、修理または交換部品が利用可能な場所にあるかを確認できます。
  • Available to Promise(納期回答)。 修理または交換部品が実際にいつ利用可能になるかを確認できます。

Rootstock Inventoryの詳細についてはこちら、Salesforceとの統合についてはこちらをご覧ください。

ハイテクおよび電子機器メーカー向けクラウド ERPの詳細